セパレーター(Separator)の作成方法

セパレーター(Separator)の作成方法

Separatorクラスの以下のコンストラクタを使ってセパレーターを作成することができます。

Separator()
Separator(Orientation orientation)


セパレーター作成サンプル

package mysample.separator;

import javafx.application.Application;
import javafx.scene.Scene;
import javafx.scene.control.Label;
import javafx.scene.control.Separator;
import javafx.scene.layout.StackPane;
import javafx.scene.layout.VBox;
import javafx.stage.Stage;

public class Separator01 extends Application {

    @Override
    public void start(Stage primaryStage) {
        VBox vbox = new VBox();
        Label label1 = new Label("ラベル1");
        Label label2 = new Label("ラベル2");

        Separator Separator = new Separator();

        vbox.getChildren().addAll(label1, Separator, label2);
        StackPane root = new StackPane();
        root.getChildren().add(vbox);

        Scene scene = new Scene(root, 300, 250);

        primaryStage.setTitle("Hello World!");
        primaryStage.setScene(scene);
        primaryStage.show();
    }

    public static void main(String[] args) {
        launch(args);
    }
}

このサンプルではVBoxを作り、「ラベル1」 > 「ラベル2」 > 「Separator」という順番でVBoxの子として配置しているため、ラベル1とラベル2の間に区切り線が表示されます。

このサンプルを実行すると以下のように表示されます。




  • 2セパレーター(Separator)の作成方法

<